徳三郎流
  ウォーキング
 

ウォーキングのきっかけ

1998年11月、久しぶりで大学のサークル仲間との同期会が大阪であった。卒業後、20年近くたつがみんな外見的にはあまり変わっていなかった。ところが、私は見るも無惨に太ってしまった。みんなそうならば何とも思わなかったが、自分だけ。年齢的にも、そろそろ生活習慣病など気になる。肥満はもっとも危険だ。今度同期会は、2000年2月だ。そこでその日を目標にダイエットしようと思った。

それで、なぜウォーキングを選んだかというと運動不足が肥満の一番の原因と考えられるからだ。それまでは日頃歩くことはほとんどなく、出かけるときはいつも車だった。食うもん食ってそれを消化しないのだから当たり前だ。

最初のウォーキング

まずは、体脂肪計を買ってきて計ってみた。なんと体脂肪30パーセント超えている。一般男性の場合、25パーセント以上は肥満。20〜25パーセントが軽肥満だそうだ。

12月開始。まずは近くを歩く、体が非常に重たい。せいぜい30分が限界、それ以上は足が動かなくなる。10分としない内に足が引きつって身動きできなくなり、そこからタクシーで帰ろうかと思うことが数度あった。12月というと真冬、特に金沢は雪も降る。こんな気象条件で始めたから並大抵ではない。このときほど自分の体力の衰えに情けなく思ったことはない。少しでも坂があると特にひどい。私の家は、低いところなので一歩外へでればどこへ行こうと少しでも坂になっている。

しかしこんな状況だからこそ、なおさら頑張らなくてはという信念ができた。毎日毎日雪が降ろうが風が吹こうがよくやったと思う。そして一日一日と少しずつ距離を伸ばしていった。そして1ヶ月経った大晦日、体重は3キロ強減っていた。

靴と万歩計

しかしその後まだ足の調子が悪くなることがしばしばあった。原因は靴だった。ウォーキングで大切なことは自分にあった歩きやすい靴を選ぶことだ。日頃、自分にあってると思って履いている靴でも早足で長い距離を歩くと不都合な点がいろいろでてくる。それで私もいろいろ履いてみてようやく3足目、足に少し余裕があり、履いているかいないかわからないような軽いシューズを手に入れることができた。するとウォーキングがとっても楽になり1時間ぐらいは歩けるようになった。

次に万歩計をつけることにした。一日5千歩を目標に歩いた。雪も積もっていたからそれでも大変だった。またそのころテレビではウォーキングのことがよく取り上げられていた。それを参考にすると20分歩いたあとから体脂肪は減っていくそうだ。また大股に早足で、手を振ってといろいろわかり、改めてウォーキングの方法と効果がわかった。私の場合、食事は全く依然と変わらず減らしてない。それでも少しずつではあるが体重は減ってきている。しかし途中いつ計ってもなかなか減らない停滞時期があり本当に効果があるのか疑うときもあった。でもそのうちまた減っていく時期があり、それの繰り返しのようだから、焦らず気長にやっていくことにした。

一万歩

雪も融け春先歩きやすくなると自然、距離も伸びていった。そのころ週刊誌の見出しに毎日一万歩、歩けば何年だったか忘れたけど長生きするというのを母が見つけた。そこで、やっぱり最終的に一日一万歩を目標にすべきと考えた。ただ、毎日となると一万歩はあまりにもつらい数字だ。私の性格として、最初は人よりすごく努力し、頑張ってやるのだが、いったん怠けたりするとすぐ挫折してしまう。毎日一万歩はこのパターンになりそうだ。そこで気楽に楽しみながらウォーキングに専念しようと思い、まずは天候のひどい日や、少しでも体調の悪いときにはあっさり歩かない。気分、体調の充実したときに歩きその時は絶対に一万歩、歩くことにした。

楽しいウォーキング

さて歩いてみるとすぐ近くにいても気づかなかったことや、いろんな場所があり毎日が新鮮でまるで毎日、小旅行している気分になる。春には桜の花のつぼみから満開、散るまでを楽しみながら。それから新緑となり、そのうちアヤメやカキツバタ、アジサイ、今まで自然の変化をこんなにも感じたことはなかった。金沢にいながら兼六園へも何年も行ってなかったり、すてきな場所がいくつもあるのにもったいなかったなあと思う。

バーチャルウォーキング

6月にパソコンを購入した。まずインターネットをうろうろしていると、バーチャルウォーキングというホームページに出くわした。それは、東海道コースや、中山道コース、日光街道コースなどいろいろあり、万歩計でそれを体験する企画だ。ます万歩計をつけウォーキングしてきたら歩数を入力する。そうするとそれを距離に換算し今自分はどこを歩いているか教えてくれる。私は東海道コースを歩いている日本橋を出発し現在静岡県の真ん中あたりの宿だ。これもまた、励みになり京都までの目標ができる。また1週間ごとに会員の歩いた歩数のランキングがでてくる。ちなみに私の最高は60位台だった。その時はその週毎日一万歩、歩いた結果だ。いつも一位になる人は1週間で十五万歩だ。一日二万歩強だからすごいとしか言いようがない。

現在の私(1999年8月)

今の歩き方は競歩とふつうの早歩きの中間といったところ。一万歩を1時間20分ぐらい。それで平地では物足りなくなりわざと急な坂道や卯辰山という山を頂上まで登って来ることもしばしばある。足は大変丈夫になり、体重も8キロ減、軽くなればなるほどこれまた歩きやすくなるから、ますます絶好調。体脂肪も25パーセントと肥満から軽肥満に、なによりも健康でいられる。また、仕事で肩が凝っても歩いてくるとすっかり治っている。精神的にもスカッとなりストレス解消にもなる。