特集:映画「大河の一滴」の金沢ロケ地

 この映画には金沢の観光名所は出てきませんが、金沢人にとっては日常目にする身近な風景が出てくるので、映画の内容もさることながら「あっあれはどこどこだ」と発見する面白さがあります。
 実際、我が家の近くの風景が出てきたので嬉しくなりました。

 その3:ちょっと出た風景


金沢中央郵便局
 ここは昌治が勤めていた郵便局という設定でした。実際の局名は金沢中央郵便局でこのトラックの間から出てくる場面がありました。

 右の写真の所で雪子と昌治二人が出ていました。

 私の家からちょっと歩いた所です。
この写真もちょうど切手を買いに行ったついでに撮りました。
まわりの人からなんで写真を撮っているのだろうと不審がられないかと思いビクビクしながらの撮影でした。(小心者なので) 

金沢中央郵便局

中央小学校裏
 左の写真は中央小学校裏です。映画の中のタクシーから見えた景色です。ホントとるにたらない風景ですが・・・
ただ単に我が家の近くで嬉しかっただけです。(ご免なさい)
 右の写真は近江町市場。日曜日のお休みに撮ったので閑散としていますが、平日は沢山の買い物客、観光客で賑わっています。

 映画の中では父、母、娘の3人が大騒ぎしながら人混みの中を歩いていました。

その人混みに知った顔はないか、我が母の姿はないかとスクリーンの中をキョロキョロと


近江町市場

百間堀
 雪子、昌治、ニコライが乗ったバスの中から写った風景がここ兼六園と金沢城の間にある百間堀通りです。
 雪子が勤め先のオーナーであった友人とお酒を飲んだのがこのお店です。

片町にある金沢通の人には有名なバーです。カクテルが美味しく雰囲気もいいようです。細い路地にあるおしゃれな店です。

さて、まだまだ知った所が出てきましたが、とりあえずこれ以上取材しても
皆さんはあまり面白くないでしょうからここまでに致します。

もし、これから映画を見られる方はここで予習していただければ、
また映画の違った面白さを味わえるかもしれません。
しかし、映画の内容は感動的なものでこの記事は蛇足にすぎません。お許しを