今日の一枚:2005年6月編

6月13日(兼六園
「赤ちゃん」
 今はいろんな動物の子育ての時期ですね。日本では5月6月生まれの動物が一番多いのではないでしょうか。昨日兼六園で見つけたカルガモが7羽から6羽に減っていました。自然の中で生きることは厳しいのですね。今朝もカラスが雛を狙っていたので追っ払ったのですが母鴨も飛び上がってカラスに向かっていきました。カルガモの親子を眺めると母性の強さをつくづく感じます。
 卯辰山ではカタツムリのとっても小さい赤ちゃんが生まれていました。