今日の一枚:2005年3月編

3月20日(21世紀美術館)
「梅の精」
 今、21世紀美術館となった場所には昔、旧制県立金沢第二高等女学校があったそうです。その同窓会が以前この「乙女の像」を建てたそうで21世紀美術館になってからも設置保存されることとなりその後ろに加賀白梅が植えられました。校章のデザインだったことから乙女は白梅の小枝を掲げています。咲き始めた枝振りの良い白梅前の乙女像はまるで梅の精のような美しい姿となっていました。